土曜日, 28. 1月 2017, Kagoshima-shi, 【満員御礼|キャンセル待ち】第3回 鹿児島未来170人会議 -かごしまの未来をつくる“本気”が集う一日-

から 28. 1月 2017 - 10:00 迄 18:00
地図を表示する
180 出席人々
イベントの説明
※おかげさまで参加者募集受付の3次募集に関しましては、定員に達し、先ほど受付を終了させていただきました。申込みいただきました皆さま、誠にありがとうございました。

これ以降のお申込みに関しましては、【キャンセル待ち】とさせていただきます。お待たせいたしますが、どうかご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

キャンセル待ち申込み:

***

「いつか誰かが何とかしてくれるはず」
そんな風に思って生きるのはもうやめにしないか。

自らの手で未来を創り出す感覚を持てる人が増えれば
この社会はもっと豊かなものになる。

昨日より今日、今日より明日・・・

すべて表示

より良い未来を夢見た先人たちの手によって今がある。

だが一握りのリーダーが答えを出す時代は終わりを迎え
これからは「私たち」が動き出す番だ。

日々の暮らしのなかにある課題に目を向け
一人ひとりがその解決に向けてできることで関わる社会へ。

世代を越え、立場を越え、常識を越えて

あらゆる人が垣根を越えて対話でつながるとき
新しい地域の在り方が見えてくるだろう。

***

統括プロデューサー/ファシリテーターの野崎恭平です。年に一度のお祭りの日が近づいてくるような感覚を持つのは、きっと僕だけではないと思います。

今年で3回目の開催となる鹿児島未来170人会議。いよいよその参加のご案内を正式にさせていただきます。

今回から「かごしま未来会議」というブランドを新たに立ち上げ、奄美地域と北薩地域で初の「地域未来会議」を開催してきました。それぞれの地域から代表者1名がこの170人会議にも登壇します。

170人会議自体のプレゼンター公募にも予想を遥かに超える方々からエントリーをいただき、鹿児島には熱意のある素晴らしい活動家が本当にたくさんいらっしゃるということが分かりました。

そして、実行委員メンバーで議論に議論を重ねた末その中から選ばれた10名と、奄美北薩からの2名を加えた、豪華12名が今回のプレゼンターです。

実はプレゼンターの皆さんは、当日までの3ヶ月間の旅を11月1日からすでにはじめています。本番でのプレゼンテーションや皆さんに参加していただくワークショップのブラッシュアップをしていく旅。

でもその旅路はひとりで歩んでいるのではなく、それぞれメンターやファシリテーターといった、共に悩み動いてくれるメンバー数名とそれぞれチームを組んでいただいています。

つまりは今回本当にたくさんの人の、信じられないほどの熱量でこの場はつくられることになるわけです。まさにイベントタイトルに書いたとおり、「かごしまの未来をつくる“本気”が集う一日」となると思います。

170人会議はプレゼンターの方の発表を聴くためだけにあるのではなく、その場にいる一人ひとりが鹿児島の未来について想いを馳せ、アクションを起こし、全体として新たな未来が生まれていくことを意図した場です。

参加される方には、きっとその感覚をいっしょに味わっていただけると思います。ぜひ鹿児島に「対話」と「挑戦」の協働文化をつくるこのプロジェクトへ参画してください。

■かごしま未来会議(鹿児島未来170人会議)とは
鹿児島県に「対話」と「挑戦」の協働文化をつくるプロジェクトです。地域にある社会課題が行政・企業・NPOなどのセクターを超えた県民同士の対話によって扱われ、解決のためのアイデアとアクションがその中から自然と湧き起こってくる「日常」を目指して、その象徴となる場づくりを行っています。「鹿児島未来170人会議」はその中のひとつの取り組みです。

■第3回鹿児島未来170人会議プログラム
第1部:導入ワークショップ

第2部:活動紹介プレゼンテーション(各10分)
鹿児島県内各地域で、地域の新たな未来をつくろうと活動する12名のプレゼンターによる発表。子育て、福祉、環境、スポーツ、観光など様々な観点から地域の現状を感じていただくと同時に、彼ら彼女らがその先に見ているビジョンを見ていただきます。

第3部:170人ワークショップ(約1時間半)
会場全体を12ブースに分け、参加者はそれぞれ関心のあるプレゼンターのところへ移動し、それぞれ独自にデザインされたワークショップに参加していただきます。ひとつの会場で12のワークショップが一斉に実施される様は圧巻の光景です。

■プレゼンター一覧
1.石川 世太(中高生ミーティング)
2.亀井 愛子(喜入子育てコミュニティKADAN)
3.北村 愛(鹿児島中央助産院)
4.坂口 修一郎(グッドネイバーズジャンボリー)
5.白畑 瞬(Amanico)※奄美未来会議
6.神明 竜平(長島大陸Nセンター)※北薩未来会議
7.田仲 正明(鹿児島ユナイテッドFC公認カフェ「ユナはん」)
8.中村 純也(旭ヶ丘園)
9.野中 翔太(イベント情報検索アプリ「おむすび」)
10.浜本 麦(くすの木自然館)
11.原田 一世(フードバンクかごしま)
12.吉村 佑太(美山地域おこし協力隊)

■詳細情報
第3回 鹿児島未来170人会議 -かごしまの未来をつくる“本気”が集う一日-
日時:2017年1月28日(土)10時〜18時
会場:かごしま県民交流センター 大ホール

〒892-0816 鹿児島市山下町14-50
ー市電「水族館口電停」下車 徒歩4分
ーJR「鹿児島駅」下車 徒歩10分
ーバス「水族館口」下車 徒歩5分
定員:170名
※1次募集100名、2次募集50名(1月7日開始予定)、第3次募集20名(1月22日開始予定)
参加費:無料
お申込み:下記URLから必要事項をご記入の上お申込みください。※このイベントページの参加ボタンでは正式なお申込みにはなりませんのでご注意ください。

お問い合せ:info@

【満員御礼|キャンセル待ち】第3回 鹿児島未来170人会議 -かごしまの未来をつくる“本気”が集う一日-, Kagoshima-shi イベント

もっと面白いイベントを探します
自分のFacebookの味に基づいて、イベントの推奨を取得します。 いま、とってください!私は私のために適したイベントを表示今はやめろ